マニアの無限ループ

銃 射撃
11 /19 2017
と、話の前に、ここ数日、古いサイトの記事を音速でコチラに移設していますが、こうしてリアルタイムの日記もアップされるので紛らわしいですね。古い記事は日時を強調し、誤解が生じないよう気を付けます。

このペースで移設しても、完了するのに1年掛かるかも?何せ、ページにして1500頁くらい、ファイル数は2万を超えています(笑)。15年の歳月を感じますよ・・・

さて本題。
111817a.jpg
ダサいノーマルのグリップから、オリジナルのターゲットサイズ、そしてパックマイヤーのラバーグリップと、イメージチェンジを繰り返したセキュリティシックスですが、このたびノーマルに回帰しました。

やっぱ私の年代ですと、ルガーのリボルバーと言えばコレですよ。回り道して、やっと気づきました。



111817d.jpg
いいね~!大味なダイヤをド真ん中に配置した、この斜め上を行くセンス!滑り止めの効果も殆どありません。ルガーのリボルバーは、やはりこうでなくては(個人の意見ですw)。



111817c.jpg
バレルもやっぱアンダー・ラグ無しの古いタイプがシンプルで良いですね。この辺の好みから、私はGP100よりセキュリティを選びました。まあ、道具としてはGP100の方が優れているのでしょうけどね。つまらないマニアのこだわりです。S&Wマニアが、パイソンを意識したM586にあまり良い印象を持たないのと同じです。

そしてマニアであるがゆえに、また暫く時間が経つと「ノーマルじゃつまらん!やっぱターゲット・グリップだ」、「もう一捻りほしいからビンテージ・パックマイヤーにするか・・・」と、無限ループに陥るのです。素晴らしい!


話は変わり・・・


干し柿できたー!
111817h.jpg
うっすらと白く粉を噴いたので完成!元の柿が小振りだったので随分小さくなっちまいましたが・・・



111817g.jpg
熱湯にサッと通して表面を殺菌します(この辺、割と神経質w)。



111817f.jpg
恐る恐る切ってみると・・・おお!完熟です!柔らかくて品の良い甘さ!和菓子の趣です。
瞬間、私はジジイと化し、「・・・ばあさんや、お茶はまだかいのう」



111817e.jpg
そんなわけで、お茶ターイム!美味い!お茶に合う!



スポンサーサイト

2006年の日記より抜粋

ジョニィのアルバム(古い日記)
11 /18 2017
2006年11月23日の日記
間違えた!545b.jpg
近々、SKSを購入する予定があり(←何でまた?)、安い弾薬が銃砲店に並んでいたので銃より先に購入・・・



545a.jpg
しかし!家に帰ってよく見ると・・・5.45mm!?ギャー間違えた!7.62mmじゃない!(箱に大きく書いてあるだろ!)

早速返品しようとしましたが・・・じっくり観察すると何か可愛い!西の5.56よりも愛嬌がある(笑)。ベンチレスト弾薬の様なサイズです。資料にも使いたいので、このまま手元に置く事にしました。てゆか、5.45×39の銃が欲しくなってきたなぁ(笑)。でも無いよねぇ?アサルトライフルは買えないし・・・じゃあそんな弾売るなよな!

評判の悪いエナメル塗装(?)のスティール・ケースですが、以前、同種のウルフ製40S&W弾薬をスプリングフィールドXDで試したところ、リロードせずに使い捨てるなら問題ないレベルでした。この種のライフル弾でも同じ結果と予想します。

(2017年現在の声)
SKSは勿論、その後5.45×39のブルガリアンAK74銃も買っちゃったよ~!あと少しの辛抱だ過去の俺!



2006年11月19日の日記
ダビッドソン完成!
hd1b.jpg

hd1i.jpg
レストア中だったダビッドソンが完成。未だいろいろ煮詰める所はあるけれど、キリがないのでとりあえず節目。恐怖のストローカー&ボアアップにて92cu!速攻壊れるかもしれないので、今の内に雄姿を・・・と言う親心。

(2017年現在の声)
このボア&ストロークアップしたエンジンは、後にデスバレーやエルミラージュなどへツーリングし、今もチョッパーとなって元気に動いております。S&Sのパーツは信頼性が高いね!



2006年11月17日の記事
鉄砲掃除
gunroom.jpg
2週連続で山に行ったのは良いが、銃の手入れが大変だよ。骨董品は一発でも撃てばバレルを完全にクリーニングするのが私の主義!その反面、M1Aなど現代銃は数十発撃っても放置プレイされることが多いです。しかし今回は年末大掃除と言う事で、M1Aも完璧クリーニング。更に友人のL1A1も写真撮影を条件に掃除を請け負い。現在そのメカニズムを舐める様に観察しております。

写真は私のガンルーム兼居間ですが(笑)、本当ならガンセーフ(銃の金庫)が欲しいところです。「何丁くらい持ってるんですか?」と良く訊かれますが、ご想像にお任せします。ボルト・アクション骨董品が9割近くですが、もしもアサルト系の銃をこれだけ持っていたら、当局に目をつけられるかも知れませんね。



2006年11月13日の日記
山に行くⅡ
2週連続はさすがに疲れた。朝5時に出発して日帰り・・・
yama5.jpg

yama6.jpg
友人のL1A1を撃った。忌々しいスポーターモデルだが、今はもうこれすら買えない・・・
銃の調子は上々!そのうち武器庫で紹介したいと思います。

(2017年現在の声)
その後、規制の時限失効によりアサルトが買えるようになり(カリフォルニアは固定マガジン10発規制だが)、しかし銃乱射の影響で、再びカリフォルニアはスポーター・モデルしか買えなくなりました。がんばれNRA!



yama9.jpg

yama8.jpg
かなり昔、友人に売ったスーパー・ブラックホーク。値段の割りに丈夫なので、ギリギリのホットロードなどを撃って随分遊びました。M29じゃあ真似できませんよ。写真は友人(の手)。



yama7.jpg
友達に売ると、時々貸してもらって撃てるから良い(笑)。ドゴーン!!




2006年11月11日の日記
サープラスNATO再び!
nato1.jpg
銃砲店に行くと、また新たなサープラス308が入荷されていた!今度は何所の流れモンよ?(笑



nato2.jpg
これはパッケージに L2 A2 と記してあるのでイギリス製ですね。ヘッドには薩摩藩みたいなNATOマークが在り。89は1989年製を意味すると思われ。80発24ドル95セント(一発31セントくらい)と一寸高めですが、ブラスケース&カパージャケットで品質はかなり良さそうです。


nato3.jpg
これはパッケージには情報なし。ヘッドスタンプは T Z 80 とあるので80年製造のイスラエル製ですね。100発で29ドル95セント(一発30セントくらい)。これなら上のイギリス製の方がお買い得かなぁ?でも、これもブラスケース&カパージャケット。悪くは無さそうですけどね。勿論どちらもノン・コロシブ(プライマーに酸を使っていない)です。



nato4.jpg
オマケ。これは以前購入した米軍M118マッチ弾です。狙撃にも使いますね。コレクター・アイテムなので、値段は前述のサープラス品の比ではありません。20発(一箱)で20ドル以上します。

(2017年現在の声)
値段は当時の事で、今は高騰しております。(泣)



アメリカン消防車

垂れモーター
11 /17 2017
注意! この記事は2003年頃に作成したものです。

f993.jpg
火事だ!火事だァ~!
火事と喧嘩は江戸の鼻!(誤)

ご近所のアパートで小火があったので、やって来ました我らがファイアーエンジン!サイレンとラッパが(日本に比べて)やたらウルサイのが特徴です。一般車は皆ビビって道を空けます。

大きなアパート内での小火(ぼや)だったので、車を残して消防士は皆、建物の中で車の周りには誰も居ませんでした。・・・バルブ開けてやろうかと思った・・・(嘘)



f94.jpg
ポンプ車(211号車)。これはちょっと旧型の丸っこいヤツです。これよりもっと古い型ですと、丸いヘッドライト(丸目4灯)になります。



f5.jpg
SEAGRAVE と言う会社がコーチビルダーです。この名前でググると、いろいろ出てきて楽しいです。日本で言うと、クレハコーチみたいな?



f93.jpg
211号車のノズル部分。私も自衛隊の空挺時代に消防ポンプ車に乗った事があります。定期的に周ってくる当番制の勤務で、演習場の野焼きなどで放水しました。民家の火事でも応援出動したことがありましたが、本家消防士?さんのプライドに触れない様に、遠巻きから地味に援護(笑)。大した出番はありませんでしたけどね・・・・



f91.jpg
211号車の後部。日本のはどうなってましたっけ?後ろはあまり変わりませんよね。この角の部分が、当時陸士長だった私の定位置(笑)でした。



f92.jpg
211号車のバルブ周辺。一番左下のはストレーナーがあるので取り込み側ですね。真ん中も取り込み?右2つは放水出口。車体にもタンクがありますが、数分で無くなってしまうので、やはり水の取り込みがなければポンプ車は無力に等しいです。



f8.jpg
反対側。やはり日本と同じでピカピカに磨き上げられています。この車は、後ろの席が後ろ向きのオープンになっています。



f7.jpg
211号車のドア。アメリカの作業車は無骨ですね。日本だと30年前のデザインです。でも私はそう言うスタイルが好きですけどね。



f99.jpg
ポンプ車その2(E6号車)。こちらは現行型です(記事は2003年当時ですが、2017年の現在も殆ど同じですね)。



f3.jpg
E6号車のリアビュー。211号車と違って、後ろに立つスペースが少ないです。



f97.jpg
E6号車はクローズド・キャビンで、211号車のように後部が解放されていません。真ん中にあるラジエータみたいのは、車内用のエアフィルターでしょうか?違うかな?暑いからエアコン?


f98.jpg
E6号車のバルブと計器。先程の211号車とはバルブ形状が若干異なりますね。



f96.jpg
はしご車(11号車)。セミ・トレーラーになっており、長い長い!



f992.jpg
11号車の後部操縦席。後ろにもハンドルがあって、後輪で舵が切れます。狭い道や車をすり抜ける時に器用に使います。



f6.jpg
反対側。はしごのターレット(旋回する付け根)はこちらでは無く、前側にあります。



f95.jpg
投げやりなフロントマスク(笑)。その辺にあった物を貼り付けたと言う感じのフロントマスクですが、バンパーに書いてある TRUCK11 の文字は、エアブラシでグラデーションを付けて綺麗に描いてあり、消防士さんの愛着を感じます。



f4.jpg
11号車のキャビン。何か日本の電車みたいな造りですね。



f1.jpg
いえーい!
中庭に回ったらやっと(消防士が)居た!たいした火じゃなくて一先ず安心の顔。


編集後記
これはアパート暮らししていた2003年頃の出来事です。この頃から、部屋の中に弾薬やパウダーを大量ストックしていたので、火事には敏感でした(笑)。

2006年の日記より抜粋

ジョニィのアルバム(古い日記)
11 /16 2017
2006年11月9日の日記
コンペティション・タイマー
ced8000.jpg

ced8000b.jpg
この手のタイマーは以前にも持っていたのですが、車のトランクに入れておいたら盗まれてしまったので再購入。
しかし、何時頃からかモデルチェンジされたようで、古いのは既にカタログ落ち。写真の新型を購入しました。値段はほとんど据え置きで150ドル弱、機能は変わったのかな?と、右の写真の様に、メジャーなコンペティションの時間設定がワンタッチで選べます。まあ、私は使わないでしょうけどね。今のところタイマー機能があれば十分です。

先週、早速使ってみたのですが、まあ・・・可も無く不可も無く?ただ、気を利かせたつもりか、外部にもスタートとリセットボタンがあるのですが、剥き出しなので誤って押してしまう事がありました。ベスト・タイムを叩き出し、証拠写真を撮る為(笑)ベルトから外そうと掴んだ途端・・・「ポチッとな」・・・データ消去・・・ orz

追記
「そもそもコレ↑は何の道具?」
射撃タイムを計る計測器です。時間設定は様々ですが、簡単な一例を挙げると、まず射手或いは記録者がスタートボタンを押すと、3秒後にブザーが鳴りストップウォッチが作動します。射手はブザー音で射撃を開始、タイマーは銃の発射音を捉えて正確に記録します。例えば10発撃てば、ブザーから初弾が○秒、2発目が○秒、3発目が○秒・・・と撃ち終えるまで延々と記録されます。限秒射の場合、例えば8秒に設定すれば8秒後に再びブザーが鳴り、最終弾が8秒からコンマ1秒でもオーバー(アウト)していれば直ぐに判る訳です。

追記2
2010年5月に御臨終しました。落とした訳でもなく、電池が液漏れしたでもなく、突然死です。駄目ですねコレ・・・
やっぱりメイドインチャイナ。コイツはお薦めしません。

編集後記
これに懲りてタイマーは買っていませんが、今はもっと信頼性が高いものが売っているかも?



2006年11月7日の日記
大掃除していたら・・・
kaze2.jpg

kaze1.jpg
懐かしいアイテムを発掘!
コレ、知ってる人居るかなぁ?漫画家の小道迷子さんのキャラクターで、「死神さん」(←だったかな?)です。かれこれ15年くらい前の漫画か?ビッグコミック・スピリッツに連載された「風します?」とか言うバイクネタ漫画。この死神が好きでねェ・・・

写真のバッグは東急ハンズで買った筈です。結構高かったけれど、造りがしっかりして長持ちしそうだったので購入。バイクに乗るときはいつも背負ってました。こっちでも使おうと日本から持って来て、そのまま忘れてしまった。レストア中のダビッドソンが復活したらまた使おう!



2006年11月6日の日記
山に行く
yama1.jpg

yama3.jpg

yama2.jpg
土曜日の夜中までダビッドソン修理で、2時間くらい仮眠してから山に出発!さすがに疲れた。目がシバシバする。



yama4.jpg
ナンバー4小銃を久々に撃った。これのボルト・ストロークが構造上少し短めなので、「速射性が高い」などと言われているようが、まあ、気分程度?たいして違わない。ラグを後ろに設けざるを得ない欠点をフォローするカムフラージュのような気もする(笑)。少々ストロークが伸びても、精度や強度の点から、ラグはボルト前方が吉。


編集後記
昔乗っていたクライスラー・ニューポートです。諸事情により売ってしまいました(泣)。文中では「山」と称していますが、実際は砂漠なので、現在はそう呼んでいます。モハベ・デザートです。



2006年11月2日の日記
アフリカンNATO
1000r308.jpg
昔買ったアルゼンチン軍のサープラス308↑を撃ち尽くしたので・・・



r1m1.jpg
銃砲店に買いに行ったらコレ↑があった。
R1M1はサウスアフリカの弾薬ですね。コロシブか否かは不明でしたが、81年製なので多分ノンコロシブでしょう。
ブラス・ケースにカパー・ジャケット、結構使えそうなので大量購入しようと思ったら、これしか在庫が残ってませんでした・・・


r1m1a.jpg
ケースヘッドの刻印アップ!


編集後記
ニャンコが今のと違う!?
そうです。昔生活を共にしていた猫で、この日記が始まった時点で既にお亡くなりあそばされていました。今のに比べると大人しくてエレガントなキャットでした。合掌。

テスト

日常
11 /15 2017
せっかくのブログなので、タブレット(キンドル)を使って職場から更新しようとしましたが、ファイルのアップロードがキンドル未対応との事で、写真は断念。使えねーなキンドル(笑)。

そんなわけで、文字更新のついでに今後の予定を告知。

旧サイトの日記は、古い順からネタ要素のあるものをセレクトし、「過去日記(仮名)」としてこちらにアップしようと考えています。いずれは、武器庫やFAQ、イラストなども移動したいですね。

まあ、いろいろ試しながらやってみます。

何だかんだ言って、出先で気軽に更新できるブログは便利ですね。


32オートのスライドストップ

銃 射撃
11 /13 2017
・・・と、話の前に、コメントや拍手を沢山頂きありがとうございます!不本意なサイト移設でモヤモヤしておりましたので、励みになります。

コメントの内容は全て読ませて頂いておりますが、返信については時間の関係で全てには至らないと思います。どうかご了承ください。頻繁なブログ更新という形で、返信に代えさせて頂きます。古いサイトの記事移設に関するリクエストなど、直接の返信はできなくても今後の参考に致しますので、遠慮なくご投稿ください。拍手もバンバン押してください(笑)。


では本題・・・
111217a.jpg
真ん中は最近購入したコルト32オート(モデル1903)、左はフランスのユニック モデル17、右はベレッタ モデル1935です。今回の話のネタは32オートで、両脇はその比較用です。

さて、その32オートを先日初めて撃ったのですが、記念すべき第一弾目が不発となってしまいました。それは何故か?


111217b.jpg
射撃場での習慣から、私は銃をケースから出した際は(撮影時などを除き)スライド解放の状態にします。M1911やP38クラスですと別個のスライド・ストップがありますが、小型拳銃ではご覧のようにセーフティ・レバーが兼ねる物が多いです。

そして射撃の際は弾を詰めたマガジンを銃に差し、ストッパーを解除して装填、射撃すると・・・

しかし、32オートはそれではダメなんですね。



111217c.jpg
これはユニックですが、スライド・ストッパー(セーフティ・レバー)によってスライド解放した状態で、弾薬はブリーチ・フェイスより前方にあり、このままストッパーを解除すれば弾薬が装填されます。つまり、多くのピストル同様なわけです。



111217d.jpg
これはベレッタで、ユニックと同様です。普通のピストルはどれも同じですよね。



111217e.jpg
しかし32オートではブリーチ・フェイスが弾薬の前に来てしまいます。写真を良くご覧になれば分かると思いますが(弾薬のリムが隠れてしまっている)、この状態でストッパー解除してスライドを前進させても、弾薬を送り込む事なく、装填されないわけです。よって不発になると。

結論から述べると、32オートの場合、ストッパー解除によってスライドをリリースするのではなく、写真の状態からスライドを最後まで引き切って離し、リリースさせるのが正解です。神経質なマニアなどストッパーの摩耗や傷を恐れる理由から、この操作方法を行う人が居ますが、32オートの場合(別の理由で)それが正しいわけです。

実戦で32オートを初めて使う人が、コルトM1911のつもりで操作すると、初弾が不発で命取りとなります(笑)。

この点に関して、「32オートには最終弾を撃った後のスライド・ストップ機能が一切なく、そもそもスライドをホールド・オープンさせた状態から装弾済みマガジンを差し込んでリリースすると言った使い方はしない。セーフティ・レバーによるスライド・ストップは、32オートの場合、分解時にバレルを回転させる利便性を考慮しての装置なのだ!」 と反論がありそうです。確かにスライド・ストッパーを作動させる機会が安全管理上くらいしかなく、素早い再装填を考慮したものではないのは事実です。反論にも一理あるのですが・・・↓



111217f.jpg
この矢印は、スライドをこの位置にすれば、バレルの回転が可能になって分解できるというマークです。写真はセーフティ・レバーによってスライドがホールドした状態ですが、ご覧のようにズレがあってバレルは回転しません。何故か?

例えばユニック モデル17ですと、ストッパーによる停止位置とバレルが回転するポイントが一致します。しかしその場合、スライドをホールド・オープンした状態でバレルに力が少しでも加わると、勝手に(バレルが)回ってスライドが前進しなくなってしまいます。32オートはそれを恐れて微妙に分解位置をズラしたのだと考えます。



111217g.jpg
そんなわけで、結局は写真のように指でスライドを分解位置に留めてバレルを回し、分解します。つまり、「セーフティ・レバーによるスライドのホールド・オープンが分解用に限定される」という説は説得力に欠ける・・・或いはもしコルトのマニュアルなどでそのような記述があったとしても、実際そうは行かないんだよと言うことです。

ならば、ストッパーによるスライドの停止位置を(他の銃と同様に)分解位置よりも後方にし、弾薬の装填を行えるようにした方が利口だったのでは?と私は考えるわけですが・・・真相や如何に?



111217h.jpg
ごちゃごちゃと屁理屈を並べましたが・・・カッコいいから許す!(笑)

こうして比較すると、ブローニング(32オート)をコピーしたユニックとは異なり、ベレッタの個性が光りますね。性能や使い易さは互角です。デザインの好みで言うと・・・私的にはベレッタかな?


告知完了!

日常
11 /12 2017
111117a.jpg
旧サイトへのアクセスが出来ず、当ブログへの引っ越し告知ができずにいましたが、なんとか頑張って果たしました。
職場に眠っていた古いノートPCを引っ張り出し、ホームページ・ビルダーのCDをインストールすると・・・かなり動作は怪しかったですが無事に完了(現在使ってるパソコン(Windows10)ですと文字化けしてダメなのです)。ネットに繋げて無事に更新できました。

さあ、これで心残りはありません!新たなスタートで頑張りましょう!


↓以前干した柿はどうなった?
111117b.jpg
あれから一週間経ちましたが、なんかずいぶん萎んでしまいました(笑)。でもまあ、カビも生えずにイイ感じで干せています。甘い香りも漂って、食べるのが楽しみですね。あと数日かな~



111117c.jpg
干し柿には良いのですが、人間には辛い乾燥季節です。特に寝ている間は口の中がカラカラになって大変です。そんなわけで、加湿器を買いました!イーベイで20ドル(笑)!メイドイン・チャイナどころか、製造国の表示すらありません。今のところ快調に湿気を撒いていますけどね。おかげで寝起きが快適になりました。


ウェブサイト25番が当ブログへ移設した経緯

日常
11 /11 2017
111017b.jpg
↑このウェブサイト(当ブログのリンクからアクセスできます)を長年運用してきましたが、ソフトとデータの入ったパソコンがクラッシュしてしまいました。新たなパソコンで復旧するのも可能でしたが、この機会に当ブログに移転することにしました。

サイトの方は一切更新できない状態なので(2017年11月10日現在)、当ブログへの移転案内も出しておらず、贔屓にして頂いた方々には申し訳ないです。いずれ何らかの方法でサイトのサーバーにアクセスし、移転通知だけでも更新したいと思います。

このサイトはサーバーの契約期間が切れ次第、消滅すると思います。データの一部はバックアップしていたので、サイトで取り扱った内容は(需要があるようでしたら)当ブログに”過去ネタ”と言った形でアップするかもしれません。

そんなわけで、形は変わってしまいましたが、今後も25番をよろしく!

お掃除ターイム!

銃 射撃
11 /10 2017
お掃除ターイム!
昨日撃った銃を手入れしました。ちなみにメルケルは昨日の内にブラシを通して油拭きして終わり。上下2連の手入れは楽だ~



110617b.jpg
工具なしで分解できるのが売りのルガーですが、シリンダーを外すのにハンマーやらトリガー・ガードやら全部分解しないと外れないので、射撃後の分解掃除としてはかえって面倒です。特に、この銃はワンピースのラバー・グリップに改装したので、グリップ着脱が容易ではなく、結局シリンダーを付けたまま(分解せずに)掃除することにしました。シリンダーだけは別に分解できるように
してほしかったですね。


110617c.jpg
どんなリボルバーでも同じですが、シリンダー前面にはカーボンが焼き付くので(チャンバー周囲にあるリング状の跡)、これを落とすのは容易ではありません。ソルベントに長時間漬け込む人も居ますが、ソルベントは物によってブルーイングを変質(変色)させるので私はやりません。金属ブラシで擦れば落ちますが、それも回を重ねればブルーイングが剥げるリスクがあります。そんなわけで、写真程度のリング跡は無視することにしています。雑誌の撮影などでは綺麗に落としますが、もうそんな仕事も無いし(笑)。


110617d.jpg
その点、オートマチックは楽にカーボンが落ちるので助かります。ブリーチ・フェイスもナイロンブラシで綺麗になります。


110617e.jpg
発射の痕跡が殆どなく、新品同様です。良い買い物をした!


110617f.jpg
この凸凹による結合はブローニングがオリジナルですが、多くのブロウバック・ピストルに模倣されたのでお馴染みです。ベレッタなんかは意地でも真似しませんでしたけどね。さすがはガルドーネの大将!


110617g.jpg
こんな感じでロック解除して分解します。この方法も多くのブロウバック・ピストルが同様ですね。


110617h.jpg
ここはちょっと特徴的ですね。真ん中にも出っ張りがあります。これは何かというと↓


110617i.jpg
このようにスライドがフル後退した位置でも(後退中にでも)、バレルが回らないようにホールドする部分です。スライド内部には一箇所だけこの凸が回転できるように凹が彫ってあり、スライドが分解ポジションにある時だけ凸凹が合致してバレルが回転する(分解できる)ようになっています。


110617j.jpg
スライドが前進した位置では、この部分が回り止めになります。それにしても、おちょぼ口の「ひょっとこマズル」がカワイイ!


110617k.jpg
リコイル・スプリング・ガイドが短いので、スプリングが変形しています。ここはフルレングスにしても良かった気がしますが、作動には特に影響しません(スムーズに後退はする)。


110617l.jpg
お家に帰るまでが遠足です!手入れが終わるまでが射撃です!スッキリ・サッパリ気分爽快。

壁紙はむっく先生。とらのあなラヴ!

たかひろ

http://taka25ban.sakura.ne.jp/
上記サイトを運営していた者です。
訳あってブログに移行しました。米国から銃やバイクのネタを主に扱います。