FC2ブログ
2018/09/02

D vs J フレーム・サイズ対決

2017年の焼き直し記事です(一部写真を除く)。

コルトのDフレームとS&WのJフレームを比較します。
CIMG0080.jpg

CIMG0083.jpg
(本日新たに撮影)こうして見ると、装弾数の違いからくるシリンダー径の違い、およびフレーム高さの違いは除外したとしても、機関部前後長が若干コルトは大きいですね。僅かな差ですが、これはコルトが一般的な平均であり、Jフレームはそれらよりよりコンパクトであると言うべきでしょう。「とにかく小さくするんだ!」と言うS&Wの意地が垣間見えます。


042917c.jpg
↑撃ち味に影響するグリップ(フレーム)後端からトリガーまでの距離は、Dフレームが62.4㎜です。


042917d.jpg
↑Jフレームでは60.7㎜でした。Dフレームよりやや短いですが、違いを実感する程ではありません。感覚的には同じと言って良いです。


042917e.jpg
↑S&WのKフレームは70㎜で、やはり一クラス大きく、実感としても「大きい」と感じます。つまり、Dフレームは握ってトリガーに指を掛けた時のサイズ感が、Kフレームよりも明らかに小さく、Jフレームと同等と言うわけ。


042917m.jpg
↑では注目のシリンダー直径の比較。


042917f.jpg
↑Jフレームは33㎜ Dフレームは35.5㎜ Kフレームは36.5㎜でした。Jフレームが小さいのは言うまでもなく装弾数を一発削った結果です。KフレームがDフレームよりも1㎜大きいのは、必要最低限+の強度を得るためです。つまり、Dフレームは強度を削ってKフレームより1㎜スリムにし、Jフレームは装弾数1発を犠牲にして、Dフレームより2.5㎜スリムにしたわけです。

さあ!JとD、どちらが合理的判断か?難しい所です・・・個人的には、2.5㎜の代償に一発を失うのは辛いですね。それでなくてもオートマチックより乏しい装弾数のリボルバーで、更にマイナス一発は大きい。とは言え、リボルバーは基本的にオートマチックより分厚いですからね。「一発減らしても薄く!」と考えたS&Wのコンセプトは十分理解できます。実際、私服警官にJフレームは愛用されています。この辺は使う側の考え方次第でしょう。

ここで、「コンパクト・オートならチーフより薄くて6連発以上じゃん・・・」とか言わないように。そう言う空気読まない厨は、社会に出てから苦労しますよ。この場は話を合わせておき、銃砲店ではDAOコンパクト・オートの契約書にサインすればいいんですwww


042917g.jpg
↑銃全体を上から見て比較しました。大差無い感じですが、しかし(両者2インチ・バレルとして)ジーンズの尻ポケットに捩じ込んだ時には、結構な差とも感じます。う~ん、どっちかなぁ~・・・?

間違いなく言える事は、4インチ・バレルなら絶対にDフレームが適切なサイズと言えます。Jフレームは、2インチ・バレルがあってこそ、一発減らしてまで薄くしたメリットが活かせるわけですから。つまり、隠し持つ必要が無ければJフレームを選ぶ理由は激減します。

そんなJフレームをコピーして制服警官や機動隊員に持たせている日本の警察はバk・・・ 嫌、これ以上言うまいwww


042917h.jpg
↑以前のブログで、「Dフレームは、KフレームとJフレームの中間的サイズ」と言った内容の事を記しましたが、実際に比較すると、Kとは大きな差があり、限りなくJ寄りな事に気付いたので考えを改めました。こうしてホルスターに入れてみると、その違いが分かります。

ファイア・パワーを減らさず、中型サイズ(S&WならM10、コルトならオフィシャル・ポリス)を極限までシェイプしたDフレームには、Jフレームに勝るとも劣らないメリットがあります。どちらを選ぶかは、攻撃性をとるか、コンシール性をとるか、考え方次第でしょう。


CIMG0084.jpg
(本日新たに撮影)ニギニギした感じは両者互角ですが、グリップが大きく丸みを帯びたDフレームのラウンドバットが私的に好みですね。チーフは(グリップ・アダプターを付けたとしても)小さく細過ぎるけど、コンシール性を考えれば有利。一長一短ですね。


042917i.jpg
↑戦い終わっておやつターイム!日本のスナック菓子は、海外進出に力を入れているのですね。最近は、そこら辺のセブンイレブンにも売っています。値段も他の製品と同等で、今までのように「日本製は良いけど高いからな・・・」と敬遠される事もないでしょう。「高くても良い物をつくれば、お客様は納得してくれる」と言うのは、今のところ日本と世界の一部富裕層にしか通用しないでしょうね。それ以外の巨大な購買層(世界的中間層)に売り込むには、値段の安さ(他と同等)は最優先事項です。恐らく、皆さんが想像しているよりも世界の人は裕福ではありません。白人の観光客って、財布のひもが固いでしょ?あれが普通なんです(笑)。

君野ミライちゃんもそう申しております。(嘘ですw)





スポンサーサイト