FC2ブログ
2018/12/06

S&W Kフレーム・マグナムを考察(その2)

120518a.jpg
↑今回は初期型M66(ノーダッシュから-1)とM19(ノーダッシュから-3)に採用されていた、ヨークのガスリングを他モデルと比較してみます。写真は上からM66、K38(4スクリュー)、M1905です。


120518b.jpg
↑先ずは先日実射した初期型ガスリングの汚れ具合です。危惧した通り、軸内部へのガスの吹込みは矢印部分まで到達しており、汚れの量も多いです。

そして以前は気付かなかったのですが、2本のスリット内部は山形になっており、高圧ガスが左右に振り分けられるようになっています。M19やM66はフレームの高さがミニマムなので(38スペシャル用に設計されているので)、バレルのフォーシング・コーンとヨーク軸までの距離が極端に短く、高圧ガスの処理に苦労した跡が見受けられます。


120518c.jpg
↑これはM19ですが、ダッシュ5なのでガスリングは対策済み・・・と言うか、後述しますが、先祖返りしただけなんですよね。兎も角、ガスの汚れは入り口付近で留まっています。前回も述べましたが、シリンダー側のガスリングが発射毎に回転するので、ガス圧の負担も少ない筈です。


120518e.jpg
↑3種類を比べてみると、この中では一番古いK38のガスリングは、改変済みのM19(ダッシュ5)と同じではありませんか。つまり、M19とM66を開発した当初は、従来と形を変えた右のガスリングを採用したのですが、何らかの不具合が生じたので(恐らく、高圧ガスの処理が思惑通りに行かなかった)、従来型に戻したと言う事です。

では、この初期ガスリングは一体だれがデザインしたのでしょうね?私が知る限り、初期のM19(M66)でしか見られないので、これもビル・ジョーダンのアイディアだったのかな?頑張ってガス抜き対策をしたつもりが、裏目に出てしまったと。


120518f2.jpg
↑シリンダー側の比較。戦前の1905はヨークが簡単には外れないのですが、ガスリングはK38と同様です。


120518g.jpg
↑では、同じタイプのガスリング同士なら互換性はあるのか?・・・と思ったのですが、これも前回述べた通り、ヨークとサイドプレートは個々に調整してあるのでダメでした。M19のシリンダーとK38のヨークは合致はしたものの・・・


120518h.jpg
↑K38のヨークはM19のフレームに入りませんでした。他のモデルも含め、ヨークとサイドプレートは基本的にポン付け交換不可と言う事ですね。壊さないように気を付けましょう。


120518d.jpg
↑たかがヨーク・・・されどヨーク。奥が深いです・・・


120518i.jpg
↑さて、これはM66を実射テストして気付いた点なのですが、この銃は・・・

(某トリビア番組風の間www)

・・・
チチバンしない。


「えええええ~!?マジっすか?」マジです。コルト旧アクションと同様、トリガーを引き切ったと同時にシリンダーがロックし、DAでゆっくり引くとシリンダーがロックする前にハンマーが落ちます(画像)。まあ、実際は発射の直前にシリンダーのロックは完了するので問題はないのですけどね。


120518j.jpg
↑日本で言う、いわゆる「チチバン」するか否かは、ラチェット(写真)の如何で決まります。コルト旧アクションは、このラチェットが大径で、シリンダー・ハンドの上下動がミニマムなのが原因です。S&Wでも、ラチェットの加工具合でチチバンしない物が存在します。それは同じモデルでも製造時期であったり、或いは一丁の個体でも回転する毎にムラがあったりします。つまり、6個のチャンバーでシリンダーがロックするタイミングが異なると。

優秀な日本製品と違ってバラツキがあるのですよ。とは言え、それが危険に繋がるわけではなく、極普通に撃てますので(コルト旧アクションを含め)誰も問題にしません。まあ、日本のガンマニアは「チチバン」に拘るので、今回の結果はショックだったかもしれません。S&WのDAだからと言って、必ずしもチチバンするとは限らないわけです。現実を知って大人の階段上りましょう。

追記
もう一つ付け加えると、「チチバン」と「S&WのDAは、ハンマーが落ちる直前でトリガーを一旦止める事が容易なので、そこで狙い直す事によってDAでもSA並みの命中率が得られる」と言う、この2つの事柄に関連性はありません。つまり、チチバンしなくても、S&Wの2段階式DAは一定のプルで引けるので、ハンマーが落ちる直前の再照準が容易な事に変わりは無いと。どうもこの辺、日本ではセットで語られる事が多い気がしたので、念の為。


スポンサーサイト
2018/12/01

S&W Kフレーム・マグナムを考察

前回の分解に続き、もうちょっと詳しく観察してみます。
113018a.jpg
↑S&WのDAリボルバーは多くの部品に互換性があり、私も過去にハンマーやらトリガーやら、何の調整もなく交換しました。ですが、個体毎に調整されたパーツもあります。その代表格がヨークとサイドプレートです。この2つは銃に取り付けた状態で最終仕上げされるので、何とか取り付けたとしても表面に段差などが発生します。


113018b.jpg
↑こんな感じで表面が合いません。作動は何とかしますが、組み合わせによってはダメだったり、逆に偶然ピッタリ合う事もあるでしょうね。


113018c.jpg
↑そして、これは年式による差です。1957年からM○○とモデル№化されますが、改良ごとに-〇(ダッシュ〇)と節目が付けられ、場合によっては新旧で互換性が無くなります。写真のヨークがそれで、シリンダー共々、互換性はありません。M66の場合、ダッシュ無しからダッシュ1への移行で、ガス・リングと呼ばれるヨークの段差部分が無くなり、そのリング部分はシリンダーへと移されるのです。ちなみに、M19ではダッシュ4で行われます。共に1977年の改良ですね。


113018d.jpg
↑左はM19(ダッシュ5)で、右がM66(ノーダッシュ)です。それまではシリンダー・ギャップのガスを受ける部分を太くして、スリットを2本入れてガス抜き(ガス止め)としていましたが、それでもシリンダー・ギャップ直下なので高圧ガスがヨーク軸内部に流入し、汚れによってシリンダーの回転を妨げる事に繋がったのでしょう。異常腔圧が発生した時などの安全上も好ましくありません。その対策として、左のようにヨークを逆に細く段差にして、ガスを受けるリング部分をシリンダー側に移設(後述)したわけです。


113018e.jpg
↑矢印がシリンダー側に移設されたリングです。こうする事で、シリンダー・ギャップからのガスは一旦L字型に前方に流れ、ヨーク軸内部に直接入り込む事は防げます。リングの肉厚的にガス圧に耐えられるか心配ですが、しかしシリンダー側にリングがある事で、1チャンバー毎にリング(360度)が分散されたわけです(分かるかな?)。つまり、ヨーク側にあるリングならば、60発撃てば60回ガスの直撃を一箇所に受けますが、シリンダー側のリングなら発射毎に回転するので、負担が1/6に分散されるわけです。耐久性的にもコチラが上でしょうから、正に的を射た改良と言えます。


113018f.jpg
↑結果的に、この2つのパーツは組み合わせ不可です。もしパーツを買う場合は、この改良前なのか後なのか確認する必要があります。


113018g.jpg
↑これは正しい組み合わせ。外から見ると同じに見えますが、回転する部分が全然違うわけです。ここをパッと見て、「ああ、これガスリングが初期型だね」などと呟くとツウっぽいです(笑)。


113018h.jpg
↑この至近距離ですから、高圧ガスの勢いが分かると思います。バレルのフォーシング・コーン下部を削り取ってコレですから、やはりKフレームのマグナムには無理がある事が分かると思います。以前、「ヨーク軸側をシェイプすれば、フォーシング・コーン下部を削らずに済んだのでは?」と提案しましたが、そうすると今度はヨーク軸に負担が掛かって焼き切れる恐れがあるでしょうね。S&Wも、その辺は考えた上で、やむを得ず削ったわけでしょうし。


113018i.jpg
↑フォーシング・コーン下部を削る暴挙は、最終ダッシュ(?)になるまで改良できず、結果Lフレーム新開発となるわけです。


113018l.jpg
↑M19やM66の狂信者が居たなら、「Kフレームの357マグナムが欠陥なら、Jフレームの357マグナムだって全部欠陥だろ!」とファビョるかもしれません(笑)。まあ、ファビョった人にどう説明しても無駄ですが、賢明なマニアならお分かり頂けると思います。イラストの3種類ですが、Aは十分な肉厚、Bはそれより少し肉厚が薄い、CはAと同じ肉厚だが下部だけが薄くなっている、ではABCで最も耐久性が低い(何千何万と撃って最初にクラックが入る)のはどれか?

一般論で考えればCですね。高卒の私の発言で説得力が無ければ、大学の工学部卒の人にでも訊いてみてください(笑)。


113018m.jpg
↑リボルバーのフォーシング・コーン部分は、速燃性パウダーが燃焼する初期の高腔圧で大きな力を受けます。フレームからの突き出し量にもよりますが、それによって発射の度に膨張を繰り返します。円形が等しければ、膨張による伸縮は均等に行われます。殆どのリボルバーのフォーシング・コーンは図の形状です。


113018n2.jpg
↑しかし、一箇所だけ薄い部分があると伸縮は均等に行われず、他の部分へ掛かる筈のストレスは薄い部分に集中して増大します。それが何度も繰り返されると、そこに金属疲労でクラックが入ると。知人のガンスミスのガラクタ箱には、ここが割れたM19のバレルが何本もありました(笑)。まあ、そりゃそうだわな。

つまり、Jフレームは肉厚は薄いけれど、このようなストレス集中ポイントがないので、何処かが一箇所だけ集中して壊れるような事は少ないのです。問題はそこではないと言う事ですね。


113018j.jpg
↑LフレームのM586に、M19のシリンダーを入れてみました(笑)。フレームに高さの余裕ができたので、フォーシング・コーンを削る必要は無くなりました。必然的にシリンダーも大径になりましたが、チャンバーの肉厚は従来ので足りていた為、「ならば一穴増やそう」となって出来たのが7連発仕様です。賢いなS&W!


113018k.jpg
↑オマケで、ダッシュ毎の改良の一つである「ヨーク・リテンション・システム」です(写真左)。ヨークを留めるスクリューの中にスプリングとプランジャーを仕込み(分解不可)、ヨーク軸にテンションを掛ける事で、スイングアウト時に適度な抵抗を与えます。実際に操作すると、これが無い物はシリンダーが「ガッチャン!」と言う感じで飛び出しますが、これがあると「スチャッ」と言う感じで滑らかに出ます。まあ、別に「絶対必要」ってわけじゃないけれど、高級感は増しますね。高級乗用車がドアの開閉フィーリングにこだわる感じ?

M19ではダッシュ6から、M66ではダッシュ3からです。80年代中頃の改良で、他のモデルでも多くがその時期に採用されています。



2018/11/29

S&W M66を分解

112818a.jpg
↑この個体はサイドプレートが締まりまくっていました。ステンレスは全般的に締まりが良いのかな?なのでグリップ・フレーム部分をプラスチックでコンコンと少しづつ叩き、プレートを写真の位置まで浮かせます。


112818b.jpg
↑ここからは木の棒で抉ってゆっくり剥がします。ステンレスはブルー仕上げと違って傷の心配は少ないですが、それでも慎重に行います。


112818c.jpg
↑御開帳~!以前のM19では内部に錆がありましたが、さすがにステンレスでそれは無いでしょう。パーツの擦れ跡もなく真っ新です。え?「DAシアーが無い」ですって?さてはオメー、一見さんだなwww


112818d.jpg
↑サイドプレートとヨークの番号はマッチングで一安心。以前も説明しましたが、3スクリュー・モデル辺りから、フレームにはシリアル番号が打たれ、ヨークとサイドプレートにはそれとは異なる共通のパーツ番号が打たれているのです。


112818e.jpg
↑これも以前説明しましたが、このスプリングは強力にブッ飛ぶので指で押さえます。リバウンド・スライドにニードルを差し込む際は、浅い角度で傷付けないように。


112818f.jpg
↑マグナムなのでポッチ有りです。


112818g.jpg
↑(1280ピクセル)芸術的なツールマークが面白いです。クリックして拡大してみて下さい。ハンマーやトリガー側面を見ても分かりますが、フレーム内側と面接触する事はありません。スタッド・ピンの付け根だけが接触して動きます。なので、この面にオイルをベッタリ塗るのは無意味です。


112818h.jpg
↑では、DAシアーを復活させるとしますか。ピンはハンマー側に打ち付けてあったので、先ずはそれを抜きます。ペンチの窪みはこの作業時には便利です(笑)。


112818i.jpg
↑小袋に入っているのがオリジナル・パーツです。銃を引き取る時に忘れずに貰っておきます。


112818j.jpg
↑じゃ~ん!本来あるべき姿に!


112818k.jpg
↑リバウンド・スライドを組む時が難しいのですが、以前コメント欄で「ボールペンを使ってやると簡単」と情報頂き、試してみましたが上手く行きませんでした。ボールペンの先が割れちゃったよ(笑)。そんなわけで、いつもの我流で行います。撮影のため右手が写っていませんが、実際は両手でガッチリ保持してスプリングを圧縮します。


112818l.jpg
↑リバウンド・スライドの溝に入るマイナス・ドライバーで奥までスプリングを圧縮し、スタッド・ピンをクリアしたら素早く押し込みます。慣れたら一発ですが、握力に自信のない人は特殊ツール(恐らくあると思う)を使ってください。


112818m.jpg
↑完成!新品は気持ちいいね!

ところで、この銃はステンレスですが、一部に普通の鋼材が用いられています。では、これらの金属パーツで磁石に付くのはどれでしょう?分かるかな??

答え
全てです(笑)。食器や流し台のステンレスと違って、鋼の成分が強いですからね。なので条件次第では錆びます。グリップの接触面など、人の汗が染み込むので錆び易いです。ステンレスの銃を持っている人は、たまにグリップを外して掃除しましょう。

横道にそれましたが、磁石で調べる事ができないのでハッキリとは言えませんが、各種スプリング、トリガー・ストップ&固定スクリュー、リアサイト&スクリュー(3本)、これらが鋼材っぽいですね。微妙なのは、リバウンド・スライド、ハンマーブロック、辺りかな?モデルや年式によってもステンレスの範囲は異なるようです。


112818n.jpg
↑(1280ピクセル)DAが復活して晴れて完全体に!あとは実射を待つばかり!

つづく

2018/11/27

S&W M66を吟味

112618a.jpg
↑M19やM66の魅力と言えば、やはりアンダーラグの無いスマートなバレルです。まあ、リコイル緩和の点ではLフレームのフルラグが有利なんですけどね。以前も述べましたが、「M19やM66は38spl+P或いは弱装357マグナムを使用する銃」と割り切れば、ラグ無しの軽いバレルでもOKと言う理屈です。フルロードの357マグナムはLフレームに任せましょう。


112618b.jpg
↑ぬの魅力もアンダーラグの無いスマートな顔面です。まぐなむは苦手です。


112618c.jpg
↑フロントサイトのレッドインサートは当時はオプションでした。以前紹介したM19はインサート無しでしたね。ステンレス・モデルはブルー仕上げと違って、最終磨きが行われません。なので表面には深めのヘアラインが(一部に)残ります。


112618d.jpg
↑刻印の盛り上がりはキチンと削られ、平面に仕上げられています。リブはワイドで、38スペシャルのコンバット・マスターピースとは差別化されます。リブの違いについてはコチラ参照。


112618e.jpg
↑サイドプレート一杯に描かれたS&Wのモノグラム!ダッシュ2からは左側に縮小された印が打たれます。


112618f.jpg
↑トリガーやハンマーは勿論ステンレスで、トリガーはグルーヴ入りのナロー・タイプ、ハンマー・スパーはセミワイドの.375サイズです。トリガー・ストップは装備されますが、先に紹介したM19の2.5インチでは省かれていましたね。「2.5インチで精密射撃はしないだろう」と言う判断なのかな?


112618g.jpg
↑他も同じなのですが、S&Wのターゲット・グリップはメダリオンが微妙にズレた位置にありますよね。チェッカリングの真上にはないのですよ。見慣れると当たり前で何も感じなくなりますが、子供の頃は不思議でした。サービスサイズは真ん中にあるんですよね。


112618h.jpg
↑ポリス用を意識して作られたM66ですが、意外にもスピードローダーが使えないんですよ。写真の位置から強引に押し込めば何とかなりますが、基本的に不可です。恐らく警察からはクレームが付きまくったと思われ、ダッシュ2からはグリップ上部を大きく切り欠いて、スピードローダーが使えるようになりました。


112618i.jpg
↑初期型の魅力であるカウンターボア(リセスド)シリンダーです。M27などと違って円形のリセスではなく、一部が大きく全体に切り取られているのが分かります。シリンダー径が小さいので仕方なかったのでしょう。んで、コレのメリットなんですが・・・特にありません。後述しますが、シリンダーとフレームの隙間が小さくなるので見栄えは良いのですが、弾薬装填を確認する上では隙間があった方が良く、手入れもし易いので、ダッシュ2からは廃止されました。


112618j.jpg
↑前述のとおり、リセスは一部が全体に切り取られているので、けっこう複雑な感じです。M27やM28のように「真っ平」とはなりません。掃除し難そうでしょ?

ラチェットの仕上げは荒いのですが、これはまあ他のモデルも同様です。しかし!この時期のM66は何と・・・これは後日説明しましょう(笑)


112618k.jpg
↑カウンターボア・シリンダー(上)では、リコイルシールドに接触するくらいにピッタリします。一応、理屈的にはケースラプチャーなどで圧力が後ろに抜けた場合、それが広がるのを防ぐ役割と言う建前はあるのですが、実際は大した効果は無いと思います。ストレートなシリンダー(下)はカートリッジのリムが丸見えなので、弾薬の有無が目視し易いです。最近は殆どがこのタイプですね。


112618l.jpg
↑横から見ると、カウンターボア・シリンダーは隙間が殆どありません。マニア的には、コレが堪らんわけです。確かに、隙間が無い方が高級感はありますよね。M29なんかは絶対カウンターボアがいいな。


112618m.jpg
↑兄弟分のM19との比較。虚弱体質ブラザーズwww


112618n.jpg
↑兄貴分のコンバット・マスターピースとの比較。M15は38splのみなので耐久性の問題は無く、完成度としてはこちらの方が上かも?M19や66はマグナムとしては耐久性に難がありますからね。


112618o.jpg
↑後継の弟分であるM586との比較。マグナムとしての完成度は申し分ないM586ですが、何故かイマイチ支持されなかったモデルです。パイソンもどきのフルラグになんかしなければ違った結果になったかもしれない?マニアってのはヒネクレ者ですからね。


112618p.jpg
↑ライバルのルガー・セキュリティ・シックスとの比較。ルガーもGP100になってフルラグになりましたからね。やっぱ、マグナムのリコイルを緩和する上で、重いバレルは必須かも。


112618q.jpg
↑微妙なライバルのコルト・トルーパーとの比較。アクションのフィーリングはS&Wが圧勝ですが、しかし強度はトルーパーが上ですから侮れません。スムーズなアクションなんかより、マグナム・リボルバーは強度の方が重要視されますからね。

つづく



2018/11/25

S&W M66来る

S&WのノーダッシュM66を無事にピックアップしました。今回は趣を変えて、「1977年にタイムスリップして、新品のM66を買いました」的なシチュエーションでバーチャル・シミュレーションしたいと思います。

112418a.jpg
↑新発売のS&W M66をやっと購入!予約してから随分待たされたからなぁ~・・・(棒)


112418b.jpg
↑新品の割には箱がヤレてる気がするけど・・・まあ気にしない気にしない。


112418c.jpg
↑フロントサイトはレッド・ランプで・・・うん!注文通りの品だな!それにしても、先月の青酸コーラ事件はショッキングだったなぁ~!お、そろそろ新番組のドリフ大爆笑が始まるのでテレビのチャンネルを回して・・・あ~またロッキード事件のニュースをやってる。

(強引過ぎwww)


112418d.jpg
↑ドリフ大爆笑面白かったな~!じゃあ、箱を開けるか。何故か不自然なシワが多い油紙だな~・・・


112418e.jpg
↑ご対面!おお!いいね~!待たされた甲斐があったよ。やっぱ最先端のステンレス製はナウいな~!イカしてるぜ!ベルボトム履くぜ!カーター大統領万歳!


112418g.jpg
↑・・・

・・・すいません、ちょっともう限界なのでバーチャル企画は終了させていただきます(笑)。

上の画像は1280ピクセルあるのでクリックしてみてください。説明書などは付いていなかった気がしたのですが、見落としていただけで全て付いていました。ショップでは中古扱いでしたが、実質的には新品っぽいですね。1977年・・・私は未だ小学生でしたが、この頃には既に結構なマニアでした(笑)。モデルガンも少しは持っていましたが、専らLSプラモデルガンが主流でしたね。この時に製造されたM66の新品を数十年後に買う事になるとは・・・感無量です。


112418h.jpg
↑感慨にふける間もなく・・・グリップがツートーン!?(笑) これは最初に見た時に気付いていましたけどね。左右が合っていないわけではなく、木目が合わない個体はどうしても発生してしまうのでしょう。それにしてもコレは酷いwww

ひょっとすると、だから売れ残ったのかな?ならば俺的にはラッキーですが・・・


112418i.jpg
↑色が違うのは左側の前方部分だけなので、オイルステインで部分的に染め直し、トゥルーオイルで仕上げました。この程度の違いなら違和感がありません。


112418i2.jpg
↑底部も左側だけ染め直しです。最初の写真と比べて見て下さい。


112418j.jpg
↑後部は節目模様があって面白いです。ここは左右で木目も色合いも合っているのでバッチリですね。


112418k.jpg
↑個性的な右側。色の変化が激しくて面白い。ゴンカロとは異なると思いますが、それに近い感じですね。


112418l.jpg
↑左サイド。端正な横顔です。


112418l2.jpg
↑左サイド。端正な横顔ですwww


112418l3.jpg
↑とりあえず、ポリス的な要素を集めてみました。こう言ったセンスが乏しいんですよね私。銃雑誌の撮影は苦手だったななぁ~


つづく