FC2ブログ
2018/03/12

2016~2017年の日記より抜粋

2016年6月11日(土)の日記
通勤車に愛を!

061116d.jpg
毎日の通勤で使っているヤマハFJ1200ですが、もうヤレヤレです。この4気筒は振動が多いので、プラスチックパーツのヒビ割れが目立ちます。写真のスピード・メーターも、何故か文字盤にクラックが入りまくり、指針の真ん中が剥がれ落ちてしまいました。照明の豆電球も全て切れてしまったので(笑)、メーターの分解修理を行いました。



061116c.jpg
このメーターは、部品取り車から移植した物で、始めから文字盤にクラックがあったのかもしれません。ちなみに、オリジナル・メーターの走行距離は8万マイルを超えており(笑)、トリップ・メーターや燃料計が壊れたので、コイツと交換したのです。エンジンはスワップしていますが、車体は既に走行16万㎞に達する筈です。そりゃあ、ヤレヤレにもなるわな・・・


061116e.jpg
ぬこ→「はい、ちょっと通りまぬよ~」

このバイク、たかがメーターの電球を換えるのに、ここまで分解する必要がある「鬼仕様」です。これだからヤマハは・・・でも、ビモータみたいなフレームがカッコいいから許す。




2016年10月22日(日)の日記
年末愛車整備

102216b.jpg
↑年末と言うにはちょっと早いですが、仕事が忙しくなる前に車の整備をしました。先ずはダッジ・ダートです。


102216a.jpg
↑エンジンはちょっと前に整備したので、今回は主に下回りです。今のところ特に不具合はありませんが、購入時より、1速と2速でバックトルク(アクセルを抜いてエンジンブレーキを効かせた状態)を掛けると、ギアが「ううう~・・・」と唸るんですよ。3速(この車は3速マニュアルなので、トップギア)では音は出ません。つまり、カウンター・シャフト側ギアの裏面(逆トルクが掛かる部分)が唸っているわけです。このミッションの場合、3速は直結でギアを介しませんからね。

しかしながら、根本的な解決方法はミッションを完全分解するしかありません。恐らく、ギアの裏面が荒れているのが原因と思われますが、外からどうこうできる問題ではありませんからね。今回は、オイルを抜いてチェックするだけに留めます。ギアが荒れているなら鉄粉が出る筈ですからね。先ずはチェックです。


↓クライスラーでは最もシンプルで安価なA745トランスミッション。OHは簡単だけど、パーツが無いだろうなぁ・・・
102216i.jpg
↑既にフィーラーは外して穴が開いてます(矢印)。ここからオイルを入れたり、指を突っ込んで液面チェックするのです。車によっては、誰かがバカ締めして固着している場合も多いので、ドレンを外してオイルを抜く前に、先ずフィーラーを外して確認すると安心できます。

ところで、このミッションを支える4つのボルトは新品が付いています(赤円)。恐らく、前オーナーがミッションを降ろして整備していますね。んで、音が出ると言う事は・・・オーバーホールに失敗してる?(笑) それとも、新品ギアを入れたので、まだアタリが付いていないのか?ネガティブ思考か、希望的憶測か?


102216h.jpg
↑こちら側がドレンで、既にオイルは抜いて、テフロン・シールを巻いて締め込み済みです。さてさて、オイルの状態は・・・


102216c.jpg
↑殆ど新品です(笑)。この受け皿やミッションの中に、磁石を突っ込んで探ってみましたが、鉄粉は全く付きません。

う~ん・・・バック・トルクでの唸りは大事ではなさそうですね。1速や2速でバック・トルクを掛ける状況など殆どありませんから、特に困らないし。まあ、鉄粉や破片が出なかったので安心できました(笑)。

オイルは綺麗でしたが、一度抜いたのを再利用するのは憚られるので、すこし硬めの(100番以上の)ギア・オイルと、気休めにモリブデン系の添加剤でも入れて、しばらく様子を見る事にしましょう。


102216d.jpg
↑以前、ギーギー音が出るので可動部に注油したトーションバーですが(矢印)、すっかり音が止みました。古いモパ―車のフロントサスは殆どコレです。シンプルで整備性は良いですが、コイルに比べてヘタリは早いですね。まあ、交換は簡単ですが。ちなみに、私のトヨタ・ピックアップもフロントはトーションバーなんですよ。あっちは既にヘタリ切っており、アジャスターを締め上げても、ラバー・ダンパーに底突きしまくりです。まあ、我慢すれば未だ乗れるでしょう(楽観的w)。


102216e.jpg
↑スパイダーは交換した方が良いですね。ベアリングのグリスが切れたら、あっと言う間に焼けてガタガタになります。


102216g.jpg
↑こちらはトランス・ミッション側ですが、見慣れないジョイントでしょ?これはCVジョイントの元祖である、トラニオン・スタイルと言うやつです。ピンが2本しかないので、可動範囲が小さく、負荷が低い個所に用いられます(今は殆ど無いけど)。これは滅多に壊れませんが、見るとブーツが破けてグリスが漏れているので、何とかした方が良いですね。

さて、今日は仕事もあって疲れたのでここまで。分解は明日にしましょう・・・

続く




2016年10月23日(日)の日記
愛車整備・完結編

102316q.jpg
↑必要な物を買って来ました。モービル1はシンセティック・グリースで、トラニオン・ジョイントの内部に入れます。STPはオイル・フィルター(トヨタのも)、オイルもトヨタと2台分です。トランスミッションのギア・オイルは、手持ちのシンセティック90w-140と言う固いのを使います。ぬこが見ているのは、ギア・オイルを注入するポンプで、これはトランスミッションのフィーラー(挿入口)が狭い場所の横にあるので、これが無いと注入できないのですよ。10ドルと安かったので購入しました。


102316a.jpg
↑プロペラ・シャフトを取り外し。


102316d.jpg
↑先ずはユニバーサル・ジョイントのスパイダーを取り外し。これは丁度良い交換時期ですね!いい気分だ!


102316f.jpg
↑10分で交換。


102316g.jpg
↑ミッション側のジョイントを分解。先ずは薄板のカバーを外しますが、ガスケットなどのパーツは購入していないので(点検とグリース交換のみ)、再利用を考えて慎重に。


102316h.jpg
↑グリースが松脂みたいに硬くなっていました。あと少しでドライになって焼けるところでしたね。バラした甲斐がありました!


102316k.jpg
↑トラニオンを押し込むと、2つのベアリングがボロボロと零れ落ちます。ニードル・ベアリングは細かいので、紛失しないよう受け皿を忘れずに!横に貫通したピンを抜くと、トラニオンがプロペラ・シャフトから分解できますが、圧入(焼嵌め?)になっていたので、分解はしませんでした。ブーツを新品にするならば、油圧プレスでピンを抜く事が必須ですが、今回はブーツ交換はしませんからね。

「じゃあ、切れたブーツはどうするの?」

・・・腹案がありますwww


102316i.jpg
↑内部を灯油で洗浄。


102316l.jpg
↑ベアリング類も洗浄。ニードルは31本ありました。


102316m.jpg
↑ニードルは勿論、このリングも表面が剥離していないかなど細かくチェック。もしもダメだら、パーツを丸ごと買わなければならないのでヒヤヒヤしましたが、余裕で大丈夫でした。もしもグリースがドライになったら、あっと言う間に焼けてしまうので、今回はギリギリのグリース交換タイミングだったのでしょう。


102316o.jpg
↑組み立ては、硬いグリスを接着剤代わりに、ニードルを貼り付けて行います。


102316p.jpg
↑写真はベアリングが横を向いていますが、取り付けの際はシャフト(インナーレース)を垂直にして、ベアリングを下から上に被せると、ニードル・べアリングが零れ落ちずに楽です。


102316t.jpg
↑高性能グリースを詰めます(今回はモービル1のシンセティックを使ったが、FF車のCVジョイントの場合、専用のグリスを推奨)。


102316u.jpg
↑写真左は取り外し前ですが、ブーツが切れているのは一か所のみで(矢印)、細い部分です。もしもブーツがバラバラになっていたり、切れているのが太い部分(外側)ならば新品に交換しましたが、この一か所だけならば写真のサランラップで十分です(笑)。10層くらいまでグルグル巻きにして、ビニールテープで両脇を整え、ジップタイで3個所を括りました。

トランスミッション側のジョイントは、あまり振れ幅もないので、恐らくこれで大丈夫です。何れ剥がれてきたら、また巻いてやれば良いのです。要はグリースが飛び出さず、埃や水分が侵入しなければ吉!


102316v.jpg
↑完成!後はミッションやらエンジンやらのオイルを注入して終わり。これで来年も頑張ってもらいますよ~!




2016年11月2日(水)の日記
ダッジ・ダートのオリジナル・ラジオGET!

110216k.jpg
↑やったー!これですよ!思いのほか安く落札できたのですが(50ドル)、タイミングによってはプレミアが付いて数百ドルまで競る場合もあります。ラッキー!


110216h.jpg
↑ダートの文字入りで年式(1963)もピッタリです。コンディションは上々で機能もしますが、ワンタッチで選局するボタン(円柱の)がスカスカで機能しません。まあ、ノブを回せば良いわけですし、AMラジオなんて頻繁に選局しませんよね(笑)。

それにしても、当時はAMラジオでも立派な装備だったんですよね。確か、私が小学生の頃(1970年代)でも、スタンダード・グレードの商用車などはAMラジオのみだったような?(違ったか)

「オール・トランジスター」の誇らしい表示も笑えます。


110216j.jpg
↑旧ロゴの「モーパー」です!「モパ―」ではなく、「モーパー」なのです!

いつもならサクサク取り付けてしまうのですが・・・今年は鉄砲を買い過ぎて、いつもの倍働かなくては生きて行けなくなりました(笑)。なので仕事から帰ったら何もやる気が起きません。今日もブログを更新したら寝ます。明日は付けたいな~・・・




2016年11月5日(土)の日記
ラジオ取り付け完了

110516c.jpg
↑やっぱオリジナルはいいね。トリムは左側のメーター・パネルとお揃いになっています。前オーナーがダッシュパネルを無理に拡張して、取り付け面が荒れていたのですが、ラジオの大きなトリムが覆い隠してしまったので問題無しです。


110516b.jpg
↑こういった後付けタコメーターは大嫌いなのですが、オーバードライブ無しのミッションで、フリーウェイを70マイル/時くらいで走りますから、どのくらいのエンジン回転数か気になっていたのです。音の感じでは3千くらい回っていそうなのですが(笑)、それだと長時間の巡航ではちょっとキツイかなと。


110516a.jpg
↑もちろん、ダッシュは一切加工していません。なるべく雰囲気に馴染むよう、クロームのカップ(これはハーレーFLHのリア・ショックの上に被さるカバー)を利用して、置時計のような佇まいをイメージしました(笑)。オートメーターのレース用タコを、ステアリング・コラムに括り付けるなんて無粋な事はしません。まあ、好き好きですけどね。この車も、ケツを上げてミッキー・トンプソンを履かせ、RBのビッグブロックをフルチューンしてブチ込んだら、そーゆーのもアリでしょう。


110516d.jpg
↑今日も土曜の半ドン出勤だったので、恒例のタダ昼飯。今回は先週と同じペルービアン・レストランのフライド・ライスです。味付けは和風に近く、ガーリックが利いて美味い!ゴロゴロしたのはチキン唐揚げです。米は丈の少し長いカリフォルニア米ですが、パラパラしているのでチャーハンに合ってるんじゃないかな。右の緑のカップは、緑の唐辛子をベースにしたと思われる薬味ペーストで、程好くピリピリして美味いです。唐辛子と言うより、胡椒に近い味なんだけどな。何で出来てるんだろう?

壁紙は血の気が引くニーナwww なんて不憫な娘でしょう。秋山殿にハメられ、同志アリーナにチクられ、スパイ容疑じゃあ、シベリア送りじゃ済まないでしょう。拷問で自白させられ、そして公開銃殺刑。共産主義は恐ろしい・・・


110516e.jpg
↑猫にゴールドwww




2016年11月16日(水)の日記
腹案の結果

111616g.jpg
↑以前、プロペラ・シャフトのブーツをサランラップで補修すると言う、某・鳩山レベルの腹案で対処した結果、約500マイルの走行で破れてしまいました(爆笑)。でもまあ、完全に千切れてはいないので、グリースも然程抜けていません。応急処置的にはアリかも?


111616h.jpg
↑やはり台所用品では限界点が低かったですね。なので、今度はタイヤ・チューブを用いてみました。タイヤ・チューブなら強度的に問題無い筈です。


111616i.jpg
↑バッチリだ!てゆか、最初からこうすれば良かった。


私信
>カリフォルニア独立?
な、言った通りだろ。他州で締め出された不法移民が押し寄せると。この州はクソ民主知事で、さらに中韓の移民に浸食されている末期なので手遅れなんだよ。癌で例えればステージⅣだ(シリーズ70?)。日本も他人事じゃないよ!




2016年12月25日(日)の日記
久々にオフる

122516a.jpg
↑今日は久々にYZ250でオフります!山は雪化粧。寒いかな~?


122516b.jpg
↑お?ワッパ勝負か?上等だゴルァ!オラオラァ!それがオマエの本気か~!気合入れて踏まんかい!


122516c.jpg
↑数年前にガレージのフェンスから転落して骨折し、それ以来のオフなのでフル装備です(笑)。もう痛いのイヤ!


122516e.jpg
↑写真では分かり難いですが山頂です。空気が美味い!!


122516f.jpg
↑サンドイッチ・ターイム!!激しい運動で空腹マックスだったので美味いのなんの!どら焼きも完食。


122516j.jpg
↑プリンキング・ターイム!今日はコンバット・マスターピースです。


オフ・バイク走行は一度の転倒もなく無事に終了したのですが・・・ここで思わぬ落とし穴が待っていました。
122516i.jpg
↑円内の鉄的にバーチャル射撃的な撮影をしようと、カメラを左手で、銃を右手で構えてアクション射撃したのですが、10ヤード地点から後ずさりして25ヤードに移動する際中、矢印Aの石につまずいて転倒。矢印Bの石に後頭部を強打しました(笑)。

いや~・・・数十年ぶりに頭にデカいタンコブを作ったよ。勿論、トリガーには指を掛けていなかったので暴発はしませんでしたが、しばらく痛みで悶絶したよ。ちなみに、その時の動画もしっかり記録したので(笑)、NG編としてアップします。笑ってくれ・・・

それにしても、絶妙な位置に石(矢印B)が在りやがって・・・。これはクリスマスにサンタをブン殴るイラストなど描いた呪いなのか?ぐぬぬ・・・サンタの野郎!正月絵で思い知らせてやる!看板娘ズに念入りに調教させてやる!覚えてろ!


122516k.jpg
↑こうして、憎しみは更なる暴力へと発展するのである!(故・深作欣二監督風に)


122516l.jpg
↑いや~疲れた!痛かった!(後頭部をさすりつつ)ネギトロ・ターイム!

壁紙は・・・そうそう、こんな感じで転倒して後頭部を強打したの(てへ)。ミハルなら、あの痛みを理解してくれるはず!同志ミハル!




2016年12月29日(木)の日記
年末危機一髪!

今日もせっせとバイク通勤だったのですが、朝のフリーウェイを走っていると、エンジンやリア・タイヤ周辺から「ゴッゴッゴッゴ・・・」と小さな異音が発生。最初は集中しないと気付かないレベルの音でしたが、徐々に振動が生じる程になりました。

「タイヤのトレッドでも剥がれたか?まあ、到着したら見てみよう」などと軽く考えて走行を続けたのですが・・・

何と!チェーンのコネクティング・リンク(接続コマ)の片側が外れているではありませんか!つまり、「コ」の字型のピースだけで繋がってチェーンが高速回転していたわけです。ゾッとしましたよ。よく外れたり折れたりしなかったよな・・・

バイクに乗る方々ならお分かりと思いますが、高速走行中にチェーンが切れると、かなり重大な事態に陥ります。弾けたチェーンがクランク・ケースを割ったり、足を砕いたり、ドリブン・スプロケット側に挟まれば後輪がロック(高速で転倒)、運良く無事に外れても、外れたチェーンが後続車に当たれば損害賠償モンです(チェーンが外れたら逃げれないしw、言い逃れもできない)。

いや~・・・危ない危ない。今年最後に「やらかしちまう」ところでした。


122916e.jpg
↑予備のコマは持っていなかったのですが、職場だったので、ミグ溶接で小さなナットを軸間に溶接して応急処置としました。両軸だけ溶接されているので、これで問題なく回転します。高速でも大丈夫とは思いましたが、念の為に一般道をゆっくり走って帰りました。やれやれ・・・


122916c.jpg
↑ガレージに帰還し、溶接を剥がして分解してみると、軸が錆びて細っています。つまり、随分前に錆が進行し、軸が摩耗してクリップが飛んだのでしょう。もっと早く錆びに気付いていれば、こんな危ない目に遭わなかったわけです。最低でも3日に一度は点検した方が良いですね。

写真のリンクをよく見ると、軸がハの字に開いているのが分かると思います。この状態で、およそ30kmの距離を、時速120kmくらいで走り、途中で何度も発進加速を行ったのです。よく折れなかったよな~・・・ありがとう!頑張ってくれて本当にありがとうリンク!このリンクは捨てずに、戒めとお守りとして保存しよう。


122916d.jpg
↑手持ちの予備で元通りにしましたが、このクリップは微妙にサイズ違いですね(笑)。戒めの直後にミッキーマウスで恐縮ですが、ちゃんとしたのをオーダーしたので、2~3日はこれで忍びましょう。気休めに針金で縛ってみましたけど・・・




2017年5月28日(日)の日記
ロングビーチ・スワップミートいてきた

052817a.jpg
↑「おいおい!このイカしたバイクを見てみろよ!」「マジっすか?超やべーっすよ!」(白人談)


052817b.jpg
↑喰い付いてますwww 右側の人は亀仙人みたいだな。

それにしても、ショベルは回を追って見なくなりますね。エボは結構見ますが、ショベルは殆ど化石扱いです。その割に、パンヘッド程のプレミアが付くわけでもなく、まったくもって不憫なエンジンです(笑)。偏屈な私にはピッタリですね。


052817d.jpg
↑ダックス軍団。最近、モンキーなども含め人気が沸騰している模様で、売り買いも盛んです。



052817f.jpg
↑パーキングでショベルヘッド(車体)を見かけなくなった以上に、ショベルの中古パーツは激減しています。掘り出し物は掘り尽くされ、ガラクタしか残っていない感じです。まあ、はるか昔に生産が終わっているワケですから、パーツも車体も減る一方なのは当然ですけどね。

人出は多いのですが、旧車のパーツ探し目的で来てる人は殆ど居ないと思われます(昔は沢山居た)。最近の傾向として、このイベントは雰囲気を楽しむ暇つぶしと言った感じです。旧車のパーツを探す人は、イーベイで競り落としなさいと言う事ですね。


052817g.jpg
↑ロボチックなフォークに吹いたwww


052817h.jpg
↑スプリントSSベースのダートラ。アエルマッキ・ハーレーですね。


052817j.jpg
↑サバイバーなハイドラ。ボーンフリーの景品だそうで、豪勢ですな。


073017e.jpg
↑戦利品チェック!今回は掘り出し物が多かった!


073017f.jpg
↑FLHの配線作業で消費した材料を補充。このような物はイーベイよりもローカルの方が安いかな?青い端子はジャンクション・ブロックに差し込む幅の狭いスペシャル品で、青い部分を外して黒いシュリンク・パイプ(写真左)を被せて使います。丸めてあるのはキャンバスにアスファルト・コーティングした配線カバーで、チョッパー制作では必需品。


073017g.jpg
↑FLTのオリジナル・フロント・ブレーキホース。全部で5ドルwww安い!現在付いているのはラッセル製のステン・メッシュなので(好みじゃない)、これに交換します。


073017h.jpg
↑FLTのオリジナル・フロント・ブレーキホース。全部で5ドルwww安い!現在付いているのはラッセル製のステン・メッシュなので(好みじゃない)、これに交換します。


073017i.jpg
↑オリジナル・・・ぽい?ジッフィー・スタンド。程度極上で20ドル。


073017j.jpg
↑これはイイ!オリジナルのキーが2個付いた、FX用イグニッション。10ドル!


073017l.jpg
↑76年までのフェンダー・チップ。これもオリジナルですが、イーベイでは50ドルくらいするんですよね。それが何と5ドル!www実は今月、日本のヤフオクで同じ物を3千円で落札したんですよね。まあ、こればかりはタイミングなので仕方ありません。


073017m.jpg
↑そして今回最大のお値打ち品!イーベイ相場では50~100ドルのロックハート製オイルクーラー(程度極上)が何と・・・

5ドル!

いいよ!アンタ素晴らしいよ!天国行けるよ!これだからローカル・スワップミートは止められません。この所、出店がショボくなる一方だったのですが、まだまだ捨てたモンじゃありませんね。景気も回復しつつあります。「メイク・グレート・アメリカ・揚げ陰!」




2017年10月29日(日)の日記
全バイク始動!久々のマルホに行くマシンは?

102917a.jpg
↑全車数週間ぶりの再始動!グズる困ったちゃんも居らず、全て絶好調を維持していました。日本のガソリンだと1ヶ月放置しても
問題ないようですが、混ざり物の多いコチラのガソリンでは直ぐにスロー系統が詰まっちゃうんですよね。


102917c.jpg
↑今回チョイスしたマシンはGT750!今年ウォーターポンプを新調して未だ長距離を走っていませんでしたからね。それにしても、他のバイクから完全に浮いてます(笑)。


102917d.jpg
↑一時はCHPの取り締まりで危うかった走り屋たちですが、今は復活して戻っていました。俺も次回は3MAで行こうかな?でも、来年はグリーンカードの更新があるので、ヤバい遊びは避けたほうが賢明か?w


102917e.jpg
↑山頂まで往くと・・・まさかの霧!カリフォルニア・ブルー・スカイも良いですが、たまには霧のマルホも風情があっていいね。


102917f.jpg
↑なんだ馬之助ポイントに到着!久しぶりだななんだ馬之助~!


102917g.jpg
↑あいかわらずいいケツしてんじゃねーか!ぐへへ・・・


102917h.jpg
↑情事に発展・・・


102917i.jpg
↑海が真っ白www


102917j.jpg
↑昨日までクソ暑かったんですけどね~ まあもう11月ですからね。これから一気に寒くなるのでしょう。


102917k.jpg
↑お疲れ様でした。水漏れは勿論なく、終始絶好調!他のバイクは何台か売りに出しているのですが、コレは売りたくないですね。重くて鈍足だけど、味があるので飽きません。


スポンサーサイト