FC2ブログ
2018/03/13

2016~2017年の日記より抜粋

2016年11月19日(土)の日記
明日は雨なので土曜日に砂漠

111916a.jpg
↑行きの道中、ゾロ目イベント発生!ここは一発、88マイル/時に加速しようかと思ったけど、さすがにそれは危ないので止めたw・・・にしても、肝心な時に限ってピントが合わないポンコツカメラめ。


111916g.jpg
↑快晴!微風!文句なし。



111916d.jpg
↑今日はネタの仕込みは無し。射撃に集中します。クレーはメルケルで集中練習です。ザウエル・ドリリングやウィンM97はコレクションですが、このメルケルは道具として考えているので、自分の物にすべくガンガン撃ち込むつもりです。癖のある銃で難しいんですが、味があるので飽きが来ません。


111916e.jpg
↑今まで、なかなか射程距離を稼げずに悶々していたのですが、苦肉の策で13mのパラコートを延長接続!本来、トラップ射撃では射出器が15m先にあり、そこからクレーが50mくらい飛ぶわけです。この射出器は、それでなくともスプリングが弱くて飛びが少ないので、足元から飛ばしたのでは射手から30mくらいで撃つ事になり、これではスキート射撃です。そこで考えたのが、写真の策というわけ。これでもまだ足りませんが、以前よりはトラップ射撃っぽいです。

結果的に60mくらいで撃てるので、これならばタイト・チョークのポテンシャルが発揮できます。同時にリードもしっかり取らないと当りません。リードと言うと、クレーの先の空間を狙って撃つイメージがありますが(そのような方法もあるが)、私は身体全体でスイングして、クレーそのものを狙い撃つ方法です。日本では「追い越し射法」などと呼ばれるようですね。引き止まりさえ起こさなければ、この方が私には合っていますね。ただし、スイングがしっかりしていないと当たりません。スキートの場合、振りが大きいので勢いをつけやすいですが、トラップは動きが小さいので、銃が止まりがちになってしまいます。難しいけど面白い!

射撃は面白いんだけど・・・撃つ度に13mを歩いて射出器をセットしに行くのが何とも・・・ しかもコードが長いので、リリースするにはコードを繋いだ腰を大きく「クイッ」と振らねばならず、傍から見ていたら笑える無様なアクションです(笑)。まあ誰も見てないからいいけど。


111916i.jpg
↑今回、動画は撮りませんでしたが、久々にハイ・スピード・モードで撮ってみました。相変わらずのローリング・シャッター現象!


111916k.jpg
↑前回、減装弾をゴールド・カップで撃ちましたが、ノーマル・ガバでは作動するかテスト・・・って、このカスタム銃も軽量スライド(トップがフラットに削られ、ポート・コンプ用の穴が開けられている)でした。なので当然作動しましたが、リコイル・スプリングが若干強めなので、3.5グレインでは少し際どかったです。言うまでもなく、230グレインの通常弾では豪快に作動!

ゴールド・カップ程ではありませんが、この銃も良く当たりますよ。バレルに直で開いたポート・コンプなので、握り加減を一定にしないとバラツキますけどね(これは全てのポート・コンプ銃に共通)。それさえ注意すれば、ガンガン当ります。マズル・ジャンプも小さいので(コンプの作動分)、リカバリーも容易です。


111916o.jpg
↑前回はネタの仕込み(動画撮影)で集中できなかったので、今回は本腰を入れて射撃!


111916n.jpg
↑アッ!らめぇ!!来ないで!!!
111916zz.jpg
111916m.jpg
↑おふぅ!衝撃で眩暈が・・・ハイ・スピード・モードは30枚/秒のスチールが連続で記録されるのですが、上のコマの後も、跳ね返った薬莢がまるで”来た道を戻るように”地面に落下する様子が記録されていて笑いました。

でも、それを見ていたら、富士山麓に墜落したBOAC機で、乗客が事故の瞬間を撮影した8mmフィルムを思い出してゾッとしたよ。ありのままを記録するカメラって凄いな~・・・本日冒頭↑での「ポンコツ」呼ばわりを訂正してお詫び申し上げるが、ローリング現象だけは何とかしておくれよwww


111916b.jpg
↑サンドイッチ・ターイムゥ・・・ポカポカ陽気で眠くなる。

それにしても、この山は何なんスかね?日本で言う「山」とは全然違うんですよ。岩の丘?みたいな。想像するに、これは凸なのでなく、私が射撃している地面が凹なのでは?元々は平坦だったが、砂の部分が無くなって岩の部分が残り、それが山に見える・・・のでは?まあ、どうでもいいけどね。


111916t.jpg
↑最近買ったビンテージのパドル・タイプ・ビアンキが活躍(砂漠は物騒なので身に着けている)。


111916r.jpg
↑このメルケルは1964年製。プレ・シリーズ70とは同世代です。俺も65年生まれなので仲間じゃん!

「仲間」と言えば、仲間由紀恵は出世したよな。(←いきなり何の話?)願わくば、トゥルー・ラブ・ストーリーの主題歌を歌ってた頃を「黒歴史」なんて思わず誇りに感じておくれ。良い歌じゃねーか!www


111916u.jpg
↑ウクライナ製弾帯も大活躍!


111916v.jpg
↑射撃地点から40mくらいに沢山落ちていたワッド。加速Gでゴルフボールのディンプルみたいに窪みが付いています。クッション部分もバッチリ働いていますね(均等に潰れている)。ハエも感心して見入っています。


111916y.jpg
↑いや~撃った撃った!カエルが泣くから帰ろう・・・この雲を見ると、明日の天気予報は当たりそうですね。




2016年12月4日(日)の日記
真横に飛ぶクレーを撃つ

120416j.jpg
↑ポカポカした過ごしやすいシーズンになったので頻繁に砂漠です。ダッジ・ダートもいろいろ修理して絶好調だし。今度はトラックにヤマハYZ250を積んでだな。


120416i.jpg
↑お気に入りの2丁。サイドロックのザウエル・ドリリングは骨董の貴重銃なので、本日は休みです。


120416h.jpg
↑前回試した13mの延長パラコードですが、今回はドアノブに通して角度をつけ、射出器に対して直角(つまり真横に飛ぶクレー)に撃ってみました。これは射距離やクレーの飛び方が、完全にスキートですね。5番のローハウスって感じかな?

しかしながら、こうなるとタイト・チョーク(殆どフル・フル)で撃つのは辛いなぁ・・・ スキート銃なら簡単なんですが。でもまあ、難しい方が楽しい面もありますね。前回のレイアウトも含め、けっこう多様なクレーを射出できるようになったので、以前のようなワンパターンで飽きてしまう事は無くなりました。

延長コードを使った場合、一回毎に13mを歩く必要がありますが(笑)、でもゆっくり考えながら撃つには、丁度良いインターバルになりますね。持参したクレー90皿を2時間ほどで撃ち切りました。


120416g.jpg
↑助六ターイム!

「ぶるるるるるるるぁぁぁぁ!この助六がぁぁぁぁぁ!!」

久々に若本規夫が憑依。


120416f.jpg
↑あー、助六マジ美味いわ。ポカポカ陽気なので、飯食ったら眠くなってきました。


120416e.jpg
↑昼寝の後はプリンキング・ターイム!

今日はリボルバーで、手が痛くなるチーフと、優しいリコイルのM17(22LR)です。このM17は、50mの鉄的もカンカン当たります。前回のゴールド・カップも片手で50mを狙える銃ですが、コイツも凄いですよ。トリガーの切れ味はコッチの方が上ですね。リボルバーはリコイルでシアーがスリップする心配など皆無なので、その点ではオートよりも有利なのです。


120416d.jpg
↑M17は良いのですが、このPMC製22LR弾薬は欠陥品なんですよ。ケースの肉厚が薄いので、腔圧でチャンバーに張り付き、オートマチックの銃では後退不良を起こします。リボルバーでは問題ありませんが、ブレットの鉛が柔らか過ぎるのか、或いは潤滑不足なのか、鉛カスがシリンダーやフォーシング・コーンに堆積し、50発以上撃つとキーホールになります(グルーピングは1mくらいになるw)。50発毎にクリーニングすれば問題ありませんが、何とも厄介な弾薬を買っちまいました(まだ数千発も残ってる)。


120416c.jpg
↑オラオラぁ~!踊れ踊れぇ~!・・・って俺のデリケート・ゾーンにモザイク掛けてんじゃねー!


120416b.jpg
↑夏と変わらない帰宅時間(5時半)なのですが、冬は日が短いですね。




2017年3月12日(日)の日記
久々にアリサカ小銃を撃つ

031217e.jpg
↑このところ、週末の度に天気が悪かったのですが、今日は快晴だったので出撃です。今回は動画ネタの仕込みで四四式騎兵銃を撃ちました。メチャクチャ調子良かったですよ!プリンキング用にはサベージの22口径セミオート・ライフルを射撃。


031217d1.jpg
↑動画撮影する四四式は、どんな感じで撃とうかな~・・・リロード弾薬ではありますが、弾数が乏しいので入念なリハーサルを行います(笑)。その甲斐あって、見事リテイク無しの一発OKが出ました!やりましたわ監督!ちんちん取って宝塚を目指せ!www


031217i.jpg
↑お~♪たっからづかー♪


031217j.jpg
↑金色夜叉的な感じで(刺殺かよwww)。「牙突零式!」ってネタも思いついたんだけど(笑)、この手の銃であまりフザけると、旧軍崇拝の人が煩いんですよ。なので自衛隊時代を思い出して普通にしました。「おのれ鬼畜米英め!ヱイヤ~!」


031217f.jpg
↑舞台の後はサンドイッチ・ターイム!


031217o.jpg
↑食後のサベージ・ターイム!100ヤードの(鉄的に)ビンビンに当たります!22LRでも、鉄的に当たると良い音するね。


031217m.jpg
↑チューブ・マガジンにはこんな感じで装填します。銃口の前に手が行くので怖いですね。ボルト開放をしつこいくらい確認しました。


031217l.jpg
↑ボルト・ハンドルをレシーバー側に押し込むと、ロッキングが掛かってボルト・アクション(非セミ・オート)となります。使用したPMC弾薬は、以前のブログで紹介したとおり、オートマチックでは後退不良が起こり、リボルバーでは鉛の堆積が酷い欠陥弾薬なのですが、このようにボルト・アクションで撃てば問題無い筈です。


031217n.jpg
↑しかしジャムるwww やだもー!ぷんすか!


031217a.jpg
↑帰還すると、ガレージ前の通りで車中泊の一斉取り締まりが行われていました(パトカー多数)。

トランプが良い仕事してるのか、最近はこの様な取り締まりが強化された模様です。路上のキャンパー住まいは、不法入国&滞在が多いですからね。これで少しでも治安が良くなるといいのですが、焼け石に水って気もするな~・・・偉大なる一歩となるか?







スポンサーサイト